京都未来美術館「数寄の都」

「近代化された」都市が抱える問題の解決への試みとして、利休という思想家が残した「数寄屋造り」という「時間」と「空間」の差異を超越する建築概念を、都市を対象に発展させ、自由で、美的な統一感をもつ都市(京都)の可能性をさぐる。

京都未来空間出品者

アドリアン・シナ 北川原温
隈研吾 竹山聖 若林広幸

kyoto

Share on LinkedIn
Bookmark this on Delicious
Bookmark this on Digg
LINEで送る
Pocket

Posted in 都市計画.