「フィリップモリスアートアワード」

開催主旨

未知の可能性を持ったアーティストを公募、発掘し、国際的視野のもと、そのアーティストを支援していくプログラム。
pm_top1

pm_top2

開催主旨

国際審査員
高階秀爾(国立西洋美術館館長)、ダナ・フリス=ハンセン(米国・ヒューストン現代美術館チーフキュレーター)、トーマス・ソコロフスキー(米国・グレイアートギャラリー館長)、リチャード・コシャレック(米国・ロサンジェルス現代美術館館長)、スザンヌ・パジェ(フランス・パリ市立近代美術館館長)、ラース・ニティブ(デンマーク・ルイジアナ近代美術館館長、)金 英順(韓国・慶安美術館館長)

国内審査員
小池一子(武蔵野美術大学教授)
伊東順二(美術評論家、フリップモリスアートアワードキュレーター)

フィリップモリスアートアワードコミッティ
総合プロデューサー:大隈和子(株式会社ハウ代表)
キュレーター:伊東順二(美術評論家)
広報・制作:石川次郎(エディトリアル・ディレクター)

主催
フィリップモリス株式会社

公募
1995年10月~1996年1月15日
(応募総数 1465名)

国内審査
1996年2月15日~2月16日<青山プレジデントホテル>
(国内審査通過 171名)

国際審査
1996年3月11日~4月1日(国際審査通過 100名)

フィリップモリスアートアワード1996
最終審査展"Final Serection"
1996年5月20日~6月2日
<青山スパイラル・原宿クエストホール>
1996年5月22日 最終審査発表
(グランプリ1名、優秀賞2名、入選7名 決定)
グランプリ  曽根 裕
優秀賞    福田美蘭、山中 学
入 選     小島久弥、村井啓乗、片平隆行、青島一成
         川 哲也、佐藤義尚、尾道幸治

sone
sonecap

fukuda
fukuda_cap

yamanaka
yamanaka_cap

グランプリ受賞者個展
1996年10月30日~11月11日
曽根 裕 "FUTURE PERFECT"<渋谷・Bubkamura Gallery>

pm_obi

入選者ニューヨークグループ展
1997年1月16日~2月21日
「翔 The First Steps:Emerging Artists from Japan」
 <Grey Art Gallery(New York)>

pm_ny1

pm_ny6

pm_ny7

Sponsored by Philip Morris K.K.
and Philip Morris International Inc.

Share on LinkedIn
Bookmark this on Delicious
Bookmark this on Digg
LINEで送る
Pocket

Posted in イベント, プロデュース, 活動.